家財整理について

家財整理について

家財整理には広い意味で遺品整理や生前整理も含まれますが、近年では空き家対策という意味合いも含まれてきているように感じます。

2015年2月に『空家等対策の推進に関する特別措置法』が成立しました。これによって市町村から特定空家等に対する改善勧告があった場合、固定資産税の特例から除外されてしまうことがあります。

特例から除外されると固定資産税が最大で6倍にもなるため、空き家を貸家や民泊などにしたり解体したりする方もいます。

この時に家財整理が必要になってきます。しかし、ご自身で家財整理を行うことは「時間がとれない」「体力的に厳しい」「普通に処分することが出来ない家電などがあり、どこから手を付けていいか分からない」など困難になることが多いようです。

メモクリではご依頼者様に代わり、家財整理や空き家対策も行っております。